五十路、六十路などの超熟女イベントを開催!深く刻まれtシワが年輪を物語る!
20181204-00000005-rkkv-000-thumb

1: 水星虫 ★ 2018/12/05(水) 00:15:48.09 ID:CAP_USER9

みなし制度悪用か詐欺未遂で逮捕

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20181204/5000004029.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

熊本地震の被災者が暮らすいわゆる「みなし仮設」の制度を悪用し、
アパートに住んでいないにもかかわらず入居期限延長の手続きをしようとしたとして、
風俗店経営の男ら2人が詐欺未遂の疑いで逮捕されました。

男はアパートの部屋を従業員にまた貸しして
家賃収入を得ていたということで、警察は詐欺の疑いでも捜査しています。

逮捕されたのは熊本市西区の風俗店経営、岩崎将志容疑者(40)と岩崎容疑者の店の従業員で、
熊本市中央区の大塚奈菜容疑者(29)です。
警察によりますと、2人はことし5月、大塚容疑者の名義でみなし仮設として契約していた
熊本市中央区出水のアパートについて、実際には住んでいないにもかかわらず
入居期限延長の手続きをしようとしたとして、詐欺未遂の疑いがもたれています。

アパートはおととし6月からの契約でしたが、熊本市の担当者がことし6月見回りしたところ、
別人が住んでいることが分かったということです。
調べに対し、2人はいずれも容疑を認める供述をしているということです。

アパートの部屋には風俗店の従業員が住んでいて、岩崎容疑者は部屋をまた貸しして、
月6万円の家賃収入を得ていたということです。

熊本地震のみなし仮設の制度を悪用して摘発されたケースは県内で初めてだということで、
警察は詐欺の疑いでも捜査しています。

12/04 18:10

続きを読む


出典: 風俗まとめちゃんねる
詳細は引用元で:【被災地犯罪】「みなし仮設」 おっさん名義で借りているアパートに風俗店従業員 股貸しで月に6万円の収入得る・熊本