五十路、六十路などの超熟女イベントを開催!深く刻まれtシワが年輪を物語る!
1: 名無し 2016/07/29(金) 19:25:11.01 ID:q5QoujGO0● BE:547841423-PLT(23222) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/premium/1931655.gif
no title

多くの女性の悩みのひとつは「胸が小さい」コト。特に水着姿をさらすこの季節はなんとか大きく見せようと、秘密のパッドを入れたり無理やり谷間を作ったり、胸の大きい人からみたら涙ぐましいほどの努力を重ねているのです。
しかし、実はバストが大きい女性も、ちっぱいさんと同様、胸コンプレックスがあるのだとか。
そこで今回は、国内で初めて“胸のサイズから洋服を選ぶ”ことを可能にしたアパレルブランド『HEART CLOSET』の代表、黒澤美寿希さんにバストが大きい女性の意外な苦労をお聞きしました!

■1:階段が歩けない!?
バストサイズが悩みで服選びに困りつづけた経験をもつ黒澤さん。そのサイズはなんとH65だそう!
アンダーとバストトップの差が大きければ大きいほど、胸が大きいことになりますよね。その差はなんと、Gカップでは25cm、Hカップだと27.5cm、Iカップは30cmにも及びます!
そんな彼女が日ごろ苦労するのは階段なんだとか。

「胸の前から25cm離して腕を組んでみてください。足元が全然見えないじゃないですか?」

と黒澤さん。確かにこれほどバストが突き出ていたら、つま先が見えませんよね!筆者は妊娠中に足元が見えない経験をしたのでわかります。

「ヒールをはいて階段を下りるときは、いつも手すりをギュッと握ってそろ~りそろ~り歩くんです……」

地下鉄の駅の階段をヒールでガンガン走る!なんて、グラマーさんには夢のまた夢のようです。

■2:クーパー靭帯が切れる!?
「胸が大きいと、走るときに本当に痛いんですよ!」と辛そうな黒澤さん。
なんと、Gカップだと2つの乳房で3キロ近い重さだといいます。まるで新生児をいつも胸に抱えているような重み!
新生児を抱えたママが肩コリになったり腰痛になったりするのを聞いたことがありますよね?
胸が大きな人は肩や腰に負担がかかるのは自明の理です。

「しかも、あんまり胸が揺れるとクーパー靭帯が切れてしまうらしくて……。だから走るときはいつも胸を押さえているんです」

クーパー靭帯とは、バストを吊り上げているコラーゲン繊維の束。バストを覆っているコラーゲン繊維なのですが、切れると元に戻らず胸が垂れ下がってしまうのです。
しかもクーパー靭帯はとってもデリケート。強い運動やバストマッサージで切れたり伸びたりしちゃうんです。
胸が大きくなくとも、私たち女性はクーパー靭帯を守らねば!運動時のスポーツブラやデイリーのブラ着用はマストですよ!

■3:着られる洋服が超限定されている!

http://www.men-joy.jp/wp-content/uploads/2016/07/MENJOY_HEARTCLOSET2-20160721212236.jpg

グラマー美人の黒澤さんの悩みは、洋服選びが大変なコト。

つづく


続きを読む


出典: 【楽】エロ速報
詳細は引用元で:【ホルスタイン】巨乳って言わないで!? 「バストが大きい人」の意外な苦労!!